【銘柄分析】三越伊勢丹HD<3099>

  • 2021年1月27日
  • 2021年1月27日
  • 銘柄分析
  • 44View
  • 0件
あんず
こんにちは。あんずです。今日は三越伊勢丹ホールディングス<3099>の決算短信が発表されましたので、決算短信の内容や今後の見通しについてお話しします。

はじめに

今回の企業分析は、投資初心者のあんずが勉強を目的に個人で調査してまとめたものです。不備不足などありましたらぜひコメントで教えてください。また、株は全てが自己責任です。私のブログは銘柄を推奨するものではありませんので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

基本情報

特色

百貨店首位。08年4月の経営統合で誕生。旗艦店の新宿伊勢丹、日本橋三越は全国屈指の売上高。

連結事業

百貨店92(0)、クレジット・金融・友の会2(15)、不動産3(17)、他3(2) <20・3>

百貨店事業

三越伊勢丹グループ売上高の約8割を占めるコア事業

三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井の4つの暖簾を持ち、㈱三越伊勢丹をはじめとした国内・海外24社の百貨店企業で構成されている

クレジット・金融・友の会業

三越伊勢丹グループのクレジットカード会社である㈱エムアイカードと、友の会運営を行う㈱エムアイ友の会の2社から成る事業

会員数約320万人

不動産業

テナントマネジメントや、建装・デザインを手掛ける㈱三越伊勢丹プロパティ・デザインなど5社で構成されている事業

人材派遣や教育研修、情報システム、物流サービス等の事業に加え、お客さまとの接点を拡大する旅行や美容などの事業、ベンチャー企業への投資を行う事業など合計16社で構成されている

売上高推移

 

 

上場 時価総額 自己資本比率
2008.04 2,338億円 43.1%

キャッシュフロー(百万円)

営業CF 162 ( 292 )
投資CF ▲99 ( ▲224 )
財務CF 202 ( ▲90 )
現金同等物 766 ( 501 ) 

→ お金を借りて増資し、投資を行い、営業の結果利益を得て、会社のお金もプラスである

株主優待

株主優待カード(10%割引)

決算

3月

本日2021年1月27日(水)に決算短信が発表されました

会社四季報業績予想

⬆︎全号比増額

決算短信

2021年3月期 第3四半期決算短信(2021年1月27日)

売上高

【減収】31.2%減

営業利益

【赤転】-148.7億円

経常利益

【赤転】-134.4億円

当期純利益

【赤転】-347.5億円

日経会社情報デジタルがとてもわかりやすくまとめてくださっているので、そちらも併せてご確認ください。

同業他社と比較

業界2位のイチ・ツー・オー リテイリング<8242>は明日2021年1月28日に第3四半期決算が発表される予定。

業界3位の高島屋<8233>は2020年12月25日に第3四半期決算が発表され、売上高は4798億8000万円、経常利益は109億3400万円の赤字であった。

まとめ

  • 三越伊勢丹の20年4〜12月期において、最終損益は347億5900万円の赤字
  • 20年3月の配当金12円に対し、21年3月の配当金は9円予想
  • 20年度通年の売上高は8,150億円から8,000億円へ下方修正
  • 20年度通年の利益に対する修正は無し

ぱっと見、悪材料が多いですね。百貨店業界は大幅赤字が予想されていたとはいえ、通年の売上高下方修正のニュースは株価に大きく響きそうです。

売上高の要因として、緊急事態宣言による休業や時短営業、そしてインバウンドの売上が立たなかったことが挙げられます。

2020年6月に緊急事態宣言が解除され、特別定額給付金やGoToキャンペーンの効果により緩やかに個人消費が伸びたものの、新型コロナウイルス第三波による再度の緊急事態宣言により百貨店の売上は厳しい状況が続いております。世界的にワクチン接種が始まっているとはいえ先行きは不透明で、百貨店業界においても改革が求められています。

三越伊勢丹においては店舗入り口にサーモグラフィーを設置し、2020年11月にはアプリ「三越伊勢丹リモートショッピング」を立ち上げるなどコロナへの対応を行なっております。中でもオンライン強化によりクリスマスやおせちの販売数は伸長しており、今後はデジタルの強化を進めて行くそうです。

 

SBI証券より

2021年1月27日現在の終値は635円です。株を始めたばかりで決算またぎを経験していないのですが、先月決算短信を発表した高島屋は発表直後の値動きは少なく、むしろ2020年12月28日の始値850円に対し、2021年1月27日現在の終値969円まで上昇しております。ワクチン接種後のアフターコロナ銘柄としても買いが先行しているのかもしれません。

明日以降の三越伊勢丹HDの株価は、600円付近まで下降し、2月の2週目あたりから徐々に上昇すると予想します。

おまけの呟き

私は三越伊勢丹HDの株主優待目当てで、2020年3月に660円で購入しました。三越伊勢丹に入っているほとんどのテナントの商品が10%引きで買えるので、数年は売却するつもりはありません。自粛生活が続いておりなかなか買い物に行けないですが、子どもの服やコスメ(DIORも!)、お惣菜やケーキも10%引きで買えるので気に入っています。また利用頻度は少ないですが、クイーンズ伊勢丹でも5%引きしてもらえますし、家族への貸し出しも出来ます。とはいえ購入時より株価が低いので、今後は株価が下がったタイミングで買い増しし、スイングで利益を出せたらいいなと思っています。

フォローしてね!